インフォメーション

ブログのみの表示からホームページの表示はこちら

エントリー

2015年11月29日の記事は以下のとおりです。

シャイントリートメント

  • 2015/11/29 09:09

3回にわたってお届けする トリ―トメント企画 第2弾は

ムコタ 「シャイントリートメント」です!

今回もざっくりとした説明になりますが、

シャインも3ステップ式のトリ―トメントになります。

ステップ1

内部補修型の保水成分により柔軟で潤いのある毛髪ベースに整えてシステムトリ―トメントの基礎を整えます。

(簡単に言うと髪に必要な栄養を内部に入れる訳ですね)

そしてステップ2

様々なダメージに対応出来る 5種類の毛髪補修成分と それを定着させる反応型セラミド疑似成分により効果的なダメージ補修を行います

(簡単にいうと接着剤的な役割です、中に入れた栄養が流れ出ないように固めてくれる訳ですね)

最後にステップ3

毛髪内部の補修が終わった髪にキューティクルのダメージ補修を行うことで健康毛のような美しい艶を甦らせます。

(簡単に言うと栄養を入れた髪に上からコーティングして蓋をする訳ですね)

そしてシェーナの良いところはパーマやカラーといったメニューに対してトリ―トメントの工程を織り込む事が出きる所です。

ステップ1とステップ2をパーマやカラーの前に終わらせておくことにより、

薬剤のダメージから守ってくれる他、薬剤の浸透とともにトリ―トメントの栄養も髪の奥まで押し込む事が出来ます。

それで最後にステップ3の蓋をする訳ですね。

なので傷みを最小限に抑えてパーマやカラーが出来る訳です

さらにもっと凄い所が
大丈夫ですかみなさん、寝てないかな?着いてきてますか?

ちょっと難しい話になるのですが、通常カラーリングというのは酸素の力(過酸化水素)を使って色を脱色したり発色させたりします。 

この酸素なんですが、カラーリングが終わった後にも髪の中に残ってしまうんです、

それが毛髪内部でくっついてしまうと活性酸素というものに変化します。

この活性酸素

なんだか名前の響きは良いですが、髪の内部に残っていると 
髪の中の大事な結合を切ってしまう力があるんです、

それが切られてしまうと手触りが悪くなったり、パーマが落ちてしまったりと悪い事だらけです

なのでカラーが終わった後でもダメージが引きずってしまうのですが、

ここでムコタ シャインの途中参加する 
「エートス」と言われる薬を使う事によって、

髪の中の残留した酸素(過酸化水素)を 分解除去し さらにアルカリ等を使用して化学処理をした毛髪のPHを整えてくれるます。

簡単にいうとカラーによるダメージの元を分解除去してくれるので

傷みを引きずらづにそこでストップしてくれます。

これは本当に画期的な事で、目に見えない傷みの元を取ってくれると、

それだけで普段のスタイルのまとまりが違うので、ライフワ―クもぐっと楽になるわけですね

本当にみなさん試してみる価値は十分にありますよ

さらにお持ち帰り用の集中ケアも付いているので

効果も長持ちしますね 

ちょっと長くなってしまいましたが、

シャイントリートメントは内部補修に優れたトリ―トメントです、 

カラーリングをやる際には最大限に力を発揮してくれるので、

みなさんぜひこの機会にためしてみて下さいね。

それでは次はフェルエシステムトリートメントにて

 だんだん長くなってるけど、次は簡潔に説明したいと思います。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2015年11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着エントリー

Feed